2019年02月10日

【PowerShot G9XMarkII】作例


明るい陽射しが差し込み、コントラストが強すぎて難しいかな?と思ったのですが、1インチの成熟されたCMOSは思いの外ダイナミックレンジが広く黒をつぶしても良い露出補正(マイナス)をかけると充分白の諧調が残る程度に調整ができる。
TSN-884のフローライトクリスタルレンズは羽の一本一本まで解像させ、そこには色にじみを極限まで抑える結果となっています。特にこの作例はTE-11WZズームをテレ端60倍近くまで上げて撮影しているので焦点距離は3000㎜という超望遠です。この状況でも色にじみが出ていないということは接眼レンズやカメラの素性が良いということができます。
ISO200 F3.5 1/250秒 -1.0eV カメラ焦点距離15.2㎜


TE-11WZズームワイド端 25倍(1250㎜)での作例になります。
この作例を1/3程度にトリミングすれば概ね1枚目の作例になりますが、画像粒子が強調されるのでザラザラした画質になると思います。
ISO200 F3.5 1/1000秒 -1.0eV カメラ焦点距離15.2㎜


シャッター速度が1/1600秒も高くなれば機材ブレだけでなく被写体ブレまで抑えた画質になります。
イカル(群れ)は神経質なので近くには寄ってくれません。(15~20m)それでもテレ端(3000㎜)で写せたのでトリミングせずに鳥を主役に写すことができました。
ISO200 F3.5 1/1600秒 0eV カメラ焦点距離15.6㎜


これはたまたまカメラワイド端・接眼レンズワイド端(25倍)にて撮影したものです。
ケラレがクッキリでています。このケラレが消えるまでズームアップすると約40~50㎜のカメラ焦点距離になります。この位置にカメラズームは固定して接眼レンズズームだけで焦点距離調整をするのが良いでしょう。
ISO200 F3.5 1/500秒 -0.33eV カメラ焦点距離10.2㎜


(以前の記事より)PowerShot G9XMark2でデジスコ。ヘビー級のミラーレスカメラと異なり、小さくギューッと濃縮された機能が私好みで嬉しいです。かといって、トップエンド機たちには当たり前にできてもG9X2にはできないこともたくさんあります。
しかし、デジスコにおいて多機能な装備すべてが必要ではありません。
むしろ、必要な装備だけを質実剛健に作りこまれているコンパクトデジタルカメラに信頼性が持てるような気がします。


機材構成は以下の通りです。ご参照ください。
・スコープは興和TSN-884またはTSN-774がオススメです。カメラズームがあるのでTSN-664Mなどでも使えます。NikonのEDGやスワロフスキーSTS,STXシリーズにも適応します。
・接眼レンズは興和TE-11WZをオススメしていますがTE-17WやTE-14WD、Nikon・スワロのデジスコ対応接眼レンズにも適合します。
・コレットホルダーは緩みがちなスコープ/接眼レンズ部の剛直な補強となり効果的な補助パーツです。
・アダプター 興和884/774の場合はP2、664Mの場合はP1が接合に必要です。
・カプラーはレンズ間距離調整、スコープとカメラの接合に必須なパーツです。
・カメラブラケットはカメラユニットを構成する要、照準器やデジスコケーブルの固定にも必須です。
・液晶フードは、液晶画面をファインダーのように接眼して覗くためのレンズルーペです。液晶画面操作だできるように特殊加工されたものです。
・デジスコケーブルは機材ブレ防止のために必須です。
・照準器は焦点距離3000㎜級の撮影には不可欠なものです。
・ジンバル雲台は、滑らかに動き撮影操作を素早くするための道具です。(安物はだめですよ)
・バランスプレートはTSN-884/774専用ですが素晴らしい効果を出します。


スコープ   興和TSN-884
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/h030205.html

接眼レンズ   興和TE-11WZ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/h040215.html

コレットホルダー   CH-P11
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/0k010552.html

アダプター  TurboAdapterP2 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/0k010510.html

カプラー   究具04 VCA-1 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/0k010520.html

カメラブラケット  BR-G9X2 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/usedy3012.html
 
カメラ Canon PowerShot G9XMarkII
https://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g9xmk2/

液晶フード HD-30WMC(右カット)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/yusedy60000.html

デジスコケーブル455US
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/h089901.html

照準器 DOS-CS2
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/0k990529.html

ジンバル雲台  GIM-01
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/0k060001.html

バランスプレート TSN-PS1(改)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/digisco-ya/h060001.html

投稿者 たーぼ♪ at : 21:55 | コメント (0)

2019年01月28日

【飛翔写真(飛び出し)】OM-D E-M1 Mark2/25㎜F1.8


前日まで盛大にホバリングしていると友人に聞き、ホバ対応セットを準備して出陣。残念ながら上流での河川工事などで写すことができませんでした。急遽、近所の公園に移動して飛び出しもの狙いに変更。とはいっても設定をちょっと変えただけですが(笑)
こちらも、あまり良いチャンスに恵まれませんでしたが、ワンチャンスを頂きなんとか写すことができました。プリキャプチャー(シャッターを全押しする12コマ前から写せるという仕組み)で楽ちん撮影。
どちらに飛び出すかわからないときは止まっている鳥を真ん中に置いて半押し置きピン。飛び出してから全押し。
今回のように概ね横方向に飛べば5~6コマ、前後でも3コマぐらいは使える写真が写せます(
60コマ/秒)。


もう少し引けたほうが画角に入りやすく、被写界深度も深めになるのですが、今回は10数mから1250㎜での撮影。たまたま飛ぶ方向を左上と読み右下に止まっているカワセミにピントを合わせました。結果は少し点前に向って飛んできたので最後の数コマはピントが外れています。
今回はシャッター速度優先モードで1/1250秒に合わせるとISOが1600で撮影範囲に入るので設定しました。



機材は興和TSN-884/TE-11WZ/M.ZUIKO25mmF1.8/OM-D E-M1
液晶フードは使用せずにファインダー使用。
電子レリーズ(RM-CB2)は何故かバグるのでデジスコケーブル455USを使用。


■価格は下記を参照ください。 
TA4+5    7200円
F-009    1000円
F-007    8000円
F-003    3000円
F-001   10000円
F-002    6000円
-----------------------
合計    35200円(税込)

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mmF1.8  参考価格 34000円(1/20現在)
F-011 別売り 5000円(リモコン利用の場合は不要)
455US   別売り
DOS-CS2  別売り

■■ご注文・ご相談につきましては【でじすこや】まで

投稿者 たーぼ♪ at : 11:22 | コメント (0)

2019年01月22日

【プリキャプチャーなら動いている鳥も】

年末年始と体調がイマイチ&W介護で撮影に出れず、やっと友人たちのいるフィールドへ。
今回はあまり画質は考えずに楽しく動いている鳥を写そう。
ということで、TSN-884/TE-11WZ/OLYMPUS EM-1M2&OLYMPUS 25㎜F1.8。
プロキャプチャーを使って飛翔写真を写せるように準備しました。
もちろん晴天で明るい環境を想定しての機材セットです。

デジスコ=超低速シャッター・・・ではなく、1/800~1600秒で写せるように、ISO耐性が高く、超高速連写ができて、簡単なやつというプランです。焦点距離が1250㎜からなのでトビ物は厳しいのですが、プリキャプチャーで半押し&ちょっと飛翔方向での置きピンで70%程度までトリミング前提で写すので10~20m、シャッター優先(S)モードで1/1000㎜に合わせるとISO800~1600ぐらい・・・都度変えるのは面倒だけど慣れると自然に合わせられました。

カワセミ画像はISO1600でズームテレ端(60倍)で焦点距離3000㎜、画質はガサガサですが幅600ピクセル程度のSNSならそこそこ使えますね。

飛翔写真はプロキャプチャーの連写H、秒間60コマ、置きピンで数コマ入ります。
流し撮りはさすがにできないので、システム焦点距離を1000㎜以下にできる方法を探してみます。


投稿者 たーぼ♪ at : 00:09 | コメント (0)

2019年01月03日

2019 新年あけましておめでとうございます。


TSN-884/TE-11WZ/Canon PowerShot G9XMarkIIでの撮影

株式会社デジスコドットコム【でじすこや】は1月7日より営業開始となります。
本年もデジスコ関連商品を中心に営業させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いします。


投稿者 たーぼ♪ at : 01:52 | コメント (0)

2018年11月27日

【お知らせ】 本年度の鮭販売は中止となりました

毎年、当店をご愛顧頂きありがとうございます。

今年の「鮭販売」につきまして、当社都合により中止とさせて頂きました。

楽しみにされていたお客様に心よりお詫び申し上げます。


引き続き【でじすこや】をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

【でじすこや】店主

投稿者 たーぼ♪ at : 14:07 | コメント (0)